top of page
  • 彩子 安井

【日本画の描き方】隈取りのお話

こんにちは、安井彩子です。

今日は日本画技法「隈取り」のお話を。

隈取りって日本画以外で聞いた事ありませんか?

歌舞伎の赤いお化粧の隈取りですね。

表情や血色感が強調される効果があります。


あの歌舞伎の隈取りと同じで、墨や絵具を入れて片側をぼかし、強弱を付けるのです。



「目の下のクマ」もそう、

熊ではなくてʕ•ᴥ•ʔ

隈のことです。

こちらは表情や血色感が悪くなる困った効果がありますね。


歌舞伎ほどでなくても、メイクでチークを入れたりシェーディングしたり、、

自然な立体感が出るよう、わりと普段から隈取りをやっている訳です。




話を戻します^^


日本画の隈取りは岩絵具の上から仕上げに入れる方法と、

先に隈取りしておいて、その上に岩絵具を重ねる方法、とあります。



先に入れるとこんな感じです。

薔薇の花の陰影を付けたいところに隈取りします。

ぼかすことを考慮して少し強めに絵の具を入れ、、









すぐに水で湿した筆で撫でて片側をぼかします。


墨だけ、水干絵具だけでも良いのですが、ここでは臙脂と墨を混色した暗い臙脂色で隈取りしました。


岩絵具の下地として変化をつけることが目的ですから、隈取りした所としてない所で差が出るよう、紙地もちゃんと残しておきます。


隈取りの上から岩絵具を掛けてるところです。

もう濃淡とか色の変化とか気にせず、同じ色を全体に均一に載せていきます。

岩絵具を透かして隈取りが見えてますね。










そして仕上げにもう一度、花の中心部分を臙脂で締めました。


岩絵具だけで陰影をつけようとすると、下の絵具が動いてムラになってしまったり、、

こんな風に隈取りに頼ってみるのもなかなか効果的かと思います。


この日本画の描き方シリーズも続けたいと思ってます。

それではまた^^

閲覧数:92回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page