top of page
  • 彩子 安井

【日本画の描き方】裏打ちをしました

こんにちは、安井彩子です。

大判の和紙に裏打ちした時の糊が少し残っていたので、小品サイズの和紙にも裏打ちをしました。


裏打ちすることで本紙がより丈夫になります。

作品が大きい程に絵具や膠もたくさん紙にのるため、それによって紙が引っ張られます。

さらに紙自体の縮む力も働いて本紙が破れることもありますから、裏打ちしておくのが安心です。



本紙の裁断はパネルを直接当てて見当をつけます。


もちろん定規で測っても良いのですが、直角を出すのに失敗すると寸足らずになる事もあります。

なのでパネルを乗せてしまうのが確実です。


パネル側面に廻す糊しろ分、大きく裁断します。




アクリル板の上で裏打ち用の薄い楮紙に糊を付けます。


糊をやや薄め過ぎた気がしたので、裏打ち紙を少し置いて乾き気味にしてから再度糊を重ねました。





そして、いきなり裏打ち後の写真です。


本紙には水で湿しを入れておき、そこに裏打ち紙を刷毛で撫で付けていきます。


裏打ちが外れないよう、しっかりと撫で付けます。





表を向けて毛布の上で乾かします。

毛布はドーサ引きにも使っている、制作専用毛布です。


この日は雨天でしたが半日ほどで乾きました^^



糊もちょうど使い切れて良かったです。

それではまた





#日本画 #院展 #裏打ち

閲覧数:208回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page