top of page
  • 彩子 安井

【日本画の描き方】たらし込みのお話

更新日:2022年7月4日

こんにちは、安井彩子です。

日本画技法の「たらし込み」って、、、(・・?)

そのまま、絵具が乾かぬうちに別の絵具を「垂らすように挿し込む」技法です。



子どもの頃に「にじみ絵」をやった事はあれば、たらし込み技法は経験済みです^^

にじみ絵は水を塗った中に絵具をちょんちょんと挿し、自然に色がにじむのを利用して絵にします。



水を利用した技法なので、日本画でもよく見られます。



墨が乾かぬうちにパール絵具を挿して「たらし込み」した様子です。

何でもない葉の表現に抑揚をつけることが出来ました。


水加減、絵具の垂らし加減が大切です。

和紙の切れ端で練習すれば、割とすぐにコツを掴めると思います^^

それではまた

#日本画 #院展 #日本画の描き方

閲覧数:799回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page